ニュース&トピックス
News & Topics

スケートシーズンの終了

瓜幕の小中学校は、スケート大会を終えて数日後の2月6日「リンク収め」をしました。これで今年度のスケートはほぼ終了となります。ただ、中学校のスケート部はまだ屋内リンクで、大会に向けた最後の滑りをしています。 写真は、少年団で指導していただいたN親子への感謝の挨拶。期間中荒天でリンクが使えない時の、屋内での練習風景です。スケートをしない地域ではこんな練習見たことありませんよね。

瓜幕スケート大会

とうとう、この日がきました。 前夜はもちろん最後の練習。センター生の保護者も練習風景から見てみたいと見学されていました。 当日は、センター生もスラップを履いて堂々たる滑りをする子どももいれば、つい2週間前はペンギン歩きだったこどもも、ワンピ着て、大きく腕を振って、保護者さんの前でしっかり成果を披露していました。 瓜幕大会は65回目。保護者と地元の方々の熱い思いと協力のもと、毎年美しいリンクができあがります。感謝の気持ちと共に、子ども達の成長を地域のみんなで見守ります。  

鹿追町 複式校スケート記録会

鹿追町の小学校は、瓜幕小、通明小、笹川小、上幌内小の4校があり、生徒数が少ないため行事を合同ですることが少なくありません。1月26日晴天 少し風がありましたが「複式校スケート記録会」が開催されました。≪雪のかぶった夫婦山(めおとやま)をバックに滑っている写真≫ センター生も、もちろん参加しました。継続生は地元の子ども達に混ざっていい勝負です。初めての子も、オープン100mに参加し、ワンピ(競技服)をつけて頑張りました。とても初めてとは思えません。子どもの習得能力に驚かされるばかりです。 そして、瓜幕ホームリンクでは。授業と、放課後少年団で練習。今年ワールドカップに出場した娘さんを育てたお父さんと、その弟さんが指導して下さるという恵まれた子ども達。多少きつくはなったかもしれませんが、上達が早い! 夜間は中学生も混じって、2月3日行われる瓜幕大会に向けて頑張っています。気温は零下5~10度くらい。たくましい子ども達です。

週末は鹿追町スキー場で初滑り

平日は、授業も少年団も部活の一部もスケート練習ばかり。それで、今週末は鹿追町のスキー場で初滑りをすることに。 中学生はボード希望(全員初心者)。午前中は、小学生がライパの練習があったので、中学生にみっちり教えこみ、午後からは自主練習をしてもらいます。その午後からは小学生初心者を指導。子ども達はあっというまに上手くなります。 指導に当たるのはセンター長。ボードもスキーもプロ並みで、ときどき転んで笑いをとることも忘れない、誇れるセンター長です(笑)。 鹿追町のスキー場は無料。写真のようにリフトに椅子はなく、ドアストッパーのようなものを腰に当てて上がっていく。これがかなり難しく、途中で転んでしまうことがよくあります。途中で外れてしまったら、速やかにその場を離れなければなりません。場を離れることも一苦労。結構きつい傾斜を滑り降りなければなりません。スキー場ひとつ、楽しいことがいっぱいです。写真で様子を想像してくださいね。

瓜幕中校庭に天然のスケートリンクができ、子ども達は練習中

今年は雪があまり降らなかったのと、暖かかったので、リンクがなかなかできませんでした。 ようやくできたのはセンター生が冬休みから帰ってくる直前。 天然のリンクは、保護者を中心に地元の方々と連携して毎晩水をまきながら丁寧に仕上げてくれます。 ほんとうに、素晴らしい天然のリンク!! 毎回ため息が出ます。 2月3日は瓜幕スケート大会。子ども達は練習に励んでいます。

今年度の「視察の申し込み」を本日締め切ります。

お知らせです。 本日付けで、今年度の「視察の申し込み」受付を終了いたします。 今年度も、多くの視察の申し込みをいただきありがとうございます。 視察を終え留学を検討中の方、ご自身にとっての「一番」をじっくり考えてくださいね。 今から視察日を迎えようとする方々、楽しみにしてお越しください。 瓜幕は紅葉も終盤になり、とても寒いです。温かくしてお越しください。 来年度もどうぞよろしくお願いいたします。 資料請求は年中承っておりますので、問い合わせフォームよりお申し込みください。

引き続き、視察の申し込みを受け付けています

鹿追町の小中学校は夏休みに入り、センター生は地元に戻りました。 「暑いところに戻るのは嫌だ、親がこっちに来たらいいのに」と言っていましたが、 久しぶりに家族のもとに戻って楽しい時間を過ごしている事でしょう(^^)/   さて、引き続き、留学のための視察の申し込みを受け付けています。 8月は予約でいっぱいですが、9月以降はまだ余裕があります。 留学をお考えの方は、是非ご検討ください。 ご質問等ありましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。 お待ちしております。    

「よくある質問」を更新しました

「よくある質問」の内容を追加、更新しました。参考にしていただければ幸いです。

視察日の時間延長(希望者)

新型コロナ感染症対策のため、視察時のセンター宿泊中止や滞在時間の短縮をしていましたが、少しずつ拡大したいと考えています。 令和6年度募集では、センター(寮)の生活をセンター生との交流を通して、また、親子留学中の保護者や里親経験者の方と交流できる場を設け、希望する形態に合わせて視察がより有意義なものとなるよう視察日の時間延長をいたします。当面は希望者のみとなりますので個別に対応させていただくことになります。

2024年度(令和6年度)募集の視察を開始します。

お待たせいたしました。2024年度(令和6年度)募集の視察を6月から開始いたします。留学を希望される方は「資料請求」でお送りした内容の中、「調査書」を記入のうえ、センター(事務局)まで郵送して下さい。調査書が届いた順に日程調整を行います。応募が多数の場合締め切りを早めることがありますが、随時ニュース&トピックスにてお知らせいたします。どうぞよろしくお願いいたします。