ニュース&トピックス
News & Topics

GW中 何して遊んだ? 「パークゴルフ」

鹿追町は、パークゴルフが盛んです。老若男女みんな楽しめる貴重な(遊び)競技です。センター生は、3回目くらいかな? 今回は鹿追PG場に行ってきました。なかなか上手になりましたよ。  

GW中 何して遊んだ??「魚釣り」本番練習

「魚釣り」 といっても、まだ時期速いので、練習。センターでまず「仕掛け作り」をしてから、玄関前で「エアー釣り」。その後、いよいよ川へ。もちろん、戦利品はありませんでした。練習がしっかりできたようなので、次はたくさん釣れるでしょう。  

ゴールデンウィーク後半 足寄動物化石博物館

ゴールデンウィークも後半になりました。今日は、地元のイベントを覗きに行った後、足寄動物化石博物館へ行ってきました。恐竜好きのY君が、出発前に皆にレクチャーを。 帰りは、近くのふわふわドーム?で子どもに返って遊んできました。足湯にも入り元気一杯。 GWも明日で終了。最終日はマラソンがあるね。今夜は早く休みましょう。 みんな、宿題は済んだ???

山菜取り

ゴールデンウィーク中の留連協イベント「山菜取り」。50名弱の老若男女がグループに分かれ、力を合わせて山菜を取ってきました。タラの芽、行者ニンニク、いらくさ、こごみなど、良き天気の中、また、桜満開の中、ぶらぶらと楽しんできました。もしかしたら既に誰かに採られているかもと心配もあり、担当する大人たちが数日前に、行者ニンニクやタラの芽は準備していました。とってきた山菜は水で洗って、天ぷらです。これがめっちゃ美味しい!!天ぷら担当は(毎年)出来上がりを確認する為、試食しお腹がいっぱいになってしまいます(笑)。どれも揚げたては最高です。地元の人気ジンギスカンに行者ニンニクを混ぜて焼き、これもまたたまらない!!思い出すだけでよだれが、、、。子どもたちの喜ぶ顔が見たい大人たちの優しい気持ちに見守られ、おなか一杯になり、山菜取りイベントは終了しました。写真のなか、タラの芽は高いところにあるので、傘の持ち手を利用して、引き寄せ、採るんですよ。やってみたいですよね。中学生は自転車でサイクリング気分を楽しみながらの山菜取りでした。  

恒例 十勝石拾い

毎年恒例のセンター行事「十勝石拾い」。十勝石は黒曜石のことで、十勝近辺では縄文時代の遺跡から黒曜石で作ったナイフや槍先などが出土しています。火山の噴火でマグマの一部が急速に冷え固まった火山岩。川を下ってきたらキウイフルーツのような形になっているのをよく見かけます。ぴかぴか光って、採ってくれるのを(?)待っているようです。取り始めはどれが十勝石なのか分からず「これ?」「これは?」など質問が多かったですが、次第に目が効き始め、帰るころにはビニール袋が破れてしまうくらいの収穫。これを地元に持ち帰りたい子どもたちと、重すぎてどうやって持ってかえろうか、果たして持ってかえる価値があるのか、と悩む保護者さんの話し合いが近い将来始まることでしょう。子どもたちの関心は、、、だんだん見向きもしなくなることが予想されますが、、、(笑) 若干2名ほど、長靴を履いているのに靴の中水浸しになっているお子様が、、、。風邪をひかないようにお願いします((+_+))

バドミントン大会 バド部初参加

新中学1年生のセンター生2名。まだ入ったばかりだというのに試合に出場!!人数の多い学校では選抜になるけど、ここは小さい学校で部員も少ないため、ほぼ全員がレギュラーになります。メリット、デメリットがあるけど、いろんな経験が沢山できて良いことです。結果はご想像通りでしたが、審判のお手伝いをしたり、先輩の応援をしたり、出番は結構ありましたよ。部活も始まったばかり。モチベーション上げて楽しく頑張ってね。

鹿追駐屯地 創立67周年記念行事 参加

鹿追町には駐屯地があります。そのため、時々、町の中に戦車が走ったり装甲車が走ることもあり「戦車道路」という道路標識まであります。自宅にいても急に「ど~~ん!」と、大砲打ちの練習音が聞こえてきて、町に越してきた当時はいったい何が起こったのかと、玄関から飛び出したものでした。センター職員も歴代自衛隊OBさんが多く、そのため、器用に物づくりをしたり、力仕事も朝飯前で、とても心強かったと聞きます。今日は、その駐屯地の67周年。戦車や装甲車に乗れると、大喜びで参加してきました。中学生二人は部活で不参加。残念でした。

二週目が終了

4月21日 午前中はスポーツセンターと図書館組に分かれそれぞれ楽しみました。お昼はかつ丼でした(写真なくごめんなさい)。午後からは新しくバトミントン部に入った中学生2人の、バドミントンラケットと靴を買いに帯広へ。お店は同じ目的の人達で混んでいました。隣の町の上美生山村留学を管理されているご夫妻と今年度の留学生も来ていて、ご挨拶させていただきました。昨年、上美生に視察させていただいところで、今年は瓜幕に来てくださるそうです。お店を出て少し時間に余裕があったので、「ばんえい十勝」を訪ね、ばん馬競技を見てきました。ちょうど走る直前で、まじかで見ることがでラッキーでした。この日で2週間が終わりました。センター生、慣れない集団生活に、疲れもちらほら見えますが、大きな怪我もなく元気いっぱいです。まだまだこれから。1年はあっという間ですから、楽しみましょうね!

ゆるり散歩 瓜幕のんびり笑顔プロジェクト

瓜幕には「うりまく笑顔プロジェクト」なるものがあります。遊び好き・世話好きな大人が集まって、大人も子供も笑顔で楽しく瓜幕を盛り上げようとする有志の会です。毎年、スポーツやらクリスマスやら、いろいろなイベントを考え子供たちを楽しませてくれます。一番楽しんでいるのは、考えている大人たち、というのが最高です。 4月20日は、まだ瓜幕の全容を知らない子どもたちが、歩きながら街中を回り、どんな人がどこに住んでいて、、、と、センター生は顔合わせしに行きました(子どもたちはそんな風に思っていないかもですが)。最初の家に行ったら地図をもらい、各家を訪ねてスタンプをもらい、全部揃ったら「道の駅うりまく」でミニソフトクリームがもらえます。それが欲しいだけのための人も中にいますが、楽しい時間を提供してくれる瓜幕人に感謝です。各家では、ミニリサイクルマーケットをしたり、オニオンスープ&トーストでお迎えしてくれたり、薪割り体験、サウナ体験など、盛りだくさんでした。   瓜幕の皆さま、留学生をよろしくお願いいたします。

センター生は、入所して1週間が経ちました

新しい年度にかわり、1週間が経ちました。 センター生の日常はまだ穏やかです(笑) 最初の土日は、前述の鹿の角探しやライパ体験以外に、残り雪で遊んだり、スポーツセンターでバスケやバドミントンで汗を流したりしました。子どもたちは疲れを知らないのか元気いっぱい。 学習時間にはしっかり集中。朝の掃除もしっかりしています。 これがずっと続いてくれることを祈りつつ(笑)(笑)